本文へ移動

五感による癒し

感覚による癒し

 香りは残念ながら使用できませんが、視覚や聴覚などでも「ここへきてよかった」と言われる空間づくりをめざしています。
医療安全・感染防御も徹底しながらも、みなさんの『五感』から入ってくる感覚による癒しを目指して空間作りをしています。

視覚による癒し

siro
保険診療のエリアテーマは『白』
 
クリニックの『何か』が『誰か』がワンピースになれたら、素敵な風景が広がるお手伝いができるように…との願いから、受付うしろの壁を何も描かれていない白いパズルにしました。残念にもひとかけらになれなかった時も、クリニックのどこかの『かくれパズル』がきっとうめてくれるはず 探してみてくださいね
kuro
自由診療のエリアテーマは『
 
若さと美貌に嫉妬して毒リンゴを盛っちゃう『あの方』のお城をイメージしています。
魔法の鏡にはどう映るのでしょうか…

音~癒す方を癒す~

当院では「音」も診療のひとつと考えて、井出音研究所のチームのひとつである「Soniphy」の「音」を導入 いたしました

 

「待合室の緊張感をなくしたい」そして「癒す方(スタッフ)も癒す」 という、Soniphy代表の語られるコンセプトに共感いたしました。

 

働く全スタッフの耳に心地よく、働きながら働く人間をも同時に癒してくれるなら、それは また優しい気持ちとなって患者さんに循環し、お届けできるものと思っております。
 

表参道ヒルズ、グランフロント大阪、花博、旧JR発車音などを 手掛けた、井出 祐昭によるプロデュース

Soniphy
 
 
 
医療・福祉・健康分野向け
音楽コンテンツ集

はじまりは、病院からの切なる依頼でした。

新しい病院の待合室に流れる音を作って欲しいという依頼でした。 診察を待つ間に患者の皆様が感じる不安。その不安をどうにかしたい、少しでも和らげる音はないかと いうお願いでした。

この音は、こうして生まれました。

試行錯誤を繰り返し、井出は『アポトーシス』に目を付けました。アポトーシスとは、細胞が生まれ変わるために古い細胞が死ぬ現象です。
井出は『再生』の象徴であるこの現象を、音楽にしようと考えました。
 
アポトーシスの働きを表す膨大 な数値データを音に変換し、楽譜をつくり、プロの 演奏家によって命をふきこみました。
アポトーシス分子
「命が息づく、流れてることが伝わる」「色々な心情の方になじむ」… 今では待合室に留まらずに使用される、すべての医療機関のための音楽です。

癒す人を癒す

疲れて帰ってきた日に、ふと、遠くで鳴る雨の音に心を和ませる時があります。
気を張り詰めていた時には気づかなかった、些細な音。
私に優しい気持ちを取り戻してくれた音でした。 ちょっと一息つく時、ふと耳に入る音に癒される。 病院で毎日長時間働く先生やスタッフの皆様にも、こんなひと時があるといいです よね。普段は患者の皆様を癒す側ですが、先生方が受けた癒しは自然と治療を受け る患者の皆様にも伝わっていきます。 この癒しの循環が、皆にとって心地のいい空間をつくる秘訣なのかもしれません。
浦上 咲恵 井出 音 研究所 Researtist Soniphy LLC. 代表
 
 
 
 
 
浦上 咲恵
井出 音 研究所
Researtist Soniphy LLC. 代表
 
元祖JR発車メロディ、SHARP AQUOS、TOYOTA i-Real、表参道ヒルズ、グランフロント大阪等 多数の実績をもつ音の専門家集団。最近では、日本ロレアル社との共同開発で、化粧品業界のオリンピック、そしてマーケティング技術を競う世界大会で2つのグランプリを受賞。
当院では神戸アイセンターでも採用されている井出研究所の「音」を採用しております 
soniphy代表の対談記事はクリック
 
医療法人社団 恵友会 
みなこレディースクリニック
〒655-0051
兵庫県神戸市垂水区舞多聞西6丁目1-1
舞多聞100年の杜メディカルモール2F
TEL.078-787-3753

婦人科/産科(妊婦健診)/美容医療(メディカルエステ)/アンチエイジング/プラセンタ/ビタミン注射・点滴

 
TOPへ戻る